ヨルダン式“石焼いも“

posted in: ヨルダン生活編 | 0

日本の秋(冬?)の風物詩といえば、石焼きいもの軽トラ。これって関西だけなのでしょうか? 関西生まれ・関西育ちの私には、高校生の時に、駅前で軽トラに乗せて売っている石焼きいもを学校帰りによくほおばったことが懐かしく思い出されます。

焼き芋

ヨルダンやシリアにも、サツマイモが存在します。でも味はやはり微妙に違います。中は濃いオレンジ色をしていて、焼いても蒸しても、とにかく柔らかい。水分が多いんでしょうか、クニャクニャです。

適度な水分と多少のぱさぱさ感(?)が入り混じった日本の焼きいもの方が、格段においしいです。ヨルダンのサツマイモは食べた感じがしません。

そういえば、母がよく「サツマイモとリンゴの重ね煮」を作ってくれていました。こちらにはサツマイモもリンゴも豊富に存在するので、あの“懐かしの味”を再現してみようかな~と思っています。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from