アニスティーの不思議な魔力

posted in: ヨルダン生活編 | 0

こちらに来てはまっているのが“アニス”ハーブティーです。日本では飲んだことがなかったのですが、もしかしたら私が知らなかっただけなのかもしれません。

アニセハーブティー

 アニスティー。家の隣のショップでひと箱100円ほどで売っています。

アニスは、セリ科の植物で、原産はエジプトを含む地中海の沿岸ということです。スイートクミンと呼ばれるだけあって、パウダーの時の香りはクミンのように何となくカレーっぽいのですが、お湯を注いで飲んでみると、甘い不思議な芳香がします。味も独特で、つんとした少し刺激のある甘さがあります。

初め飲んだ時は「なんて不思議な味だろう」と思ったのですが、今では毎日3,4杯は飲むようになりました。この植物アニスは、女性系のホルモンに作用するようで生理痛を和らげる効果もあるようです。強くて甘い芳香に、気分も和らぎます。

ハーブの効果ってすごいですね。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from