「エド・ディル」の先

ペトラで有名なのは、映画にも出てきた「エル・ハズネ」。そこから「エド・ディル」と呼ばれる修道院まで足を延ばされる方は多いと思います。その先に”sacrificial view”と呼ばれる場所があります。かなりの高台なので、眼下にはごつごつしたむき出しの岩山、そして遠くまで見渡すことができます。

「エド・ディル」まで足を延ばしたものの、その先への道しるべがないし、人影もないため引き返した、と言われる方がおられるので、せっかく登ってきたのに残念!と思ってしまいます。

「エド・ディル」を右手にしながら、もう少し進んでみてください。人影がなくても大丈夫。少し歩くと、“sacrificial view”という矢印が見えるはずです。あとは矢印に従って歩くだけ。10分ほど歩くと着きます。ちょこちょこ人が登ってくるので、まったく一人になってしまうことはありません。ベドウィンの兄ちゃん達もお店を出しています(あ、これが危険なのでした。言い寄られても相手にしないでくださいね)。

犠牲祭壇からペトラ遺跡を見下ろす 夕日が落ちていくのが見えます。

私はペトラに着たら、必ずここへやって来ます。かなり登りますが、とっても気持ち良いのです。ただし夕方にここまで登ってこられた方は、暗くならないうちに下ってくださいね。もと来た道を引き返し、階段をずっと下って、遺跡の入り口までたどりつくのにもかなりの時間がかかります。

ペトラ遺跡も、来年また訪ねてみたい場所です。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from