中華料理屋さん

posted in: ぶらっとアンマン | 0

アブドゥーン地区にある中華料理の店に友達が連れて行ってくれました。ヨルダンにきて初めての中華料理。この店は“WOX”という名前で、中華とインド料理の店です。世にも奇妙な組み合わせ・・・?

この中華料理店ですが、働いているのはフィリピン人ばかり。実はヨルダンには日本料理店もありますが、こちらも日本人シェフ、日本人スタッフともにおらず、スタッフのほとんどがフィリピン人なのです。

さてアラブですが、中国の文化と日本の文化の違いなんてさらさら分かっちゃいません。この中華料理店にも、なぜか日本のものが堂々と置かれており、かなり confusing です。

窓には浮世絵 窓には浮世絵・・・   

こんなペーパーマットも                 ペーパーマット。これもなぜか日本っぽい・・・?

お味のほうですが・・・やっぱり家で作ったほうがおいしいなぁ、という感じ。こちらの味付けは濃い上に、素材が良くないので調味料でごまかしている気が・・・・。まぁ仕方ありません。今度は日本料理のお店を試してみようと思っています。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。