アラブの職人技-その2

posted in: あれこれ アラブ世界 | 0

先回、素人よりも下手(?)なアラブ職人の技をご紹介しました。今回はその第2弾。

このタイルは、トイレの壁です。引っ越し後、友達の大奮闘により美しく掃除されたトイレ。 ペンキ塗り職人の残した例の“残骸”も消え去りました。

ところでフト気づいたのが、タイルの柄の向き。写真の真ん中部分の一枚だけ、向きが違うのにお気づきでしょうか。これぞアラブ職人のなせる技! 

アラブ職人の技その2‐タイル

その上、バラの花が上を向いたり下を向いたり、向きがタイルによって異なります。規則性があるのかと思って、トイレに入るたびに壁の柄をじっと観察。

観察結果ですが、規則性はなさそうです。単に考えてないだけ・・・。これもアラブにありがち。

こういうタイルの貼り方って、日本ではクレームが出るんでしょうか? まぁ、どうでもいいって言えばどうでもいいことなんですけどね(笑)。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from