この国ではご法度の豚肉(ポーク)

posted in: ヨルダン生活編 | 0

ヨルダンを含むアラブ諸国では、豚肉はご法度。豚はイスラム教では“汚れた動物”とされているからです。
売っていないわけではありませんが、かなり高額になります。豚肉の生姜焼きなんてとんでもない。ハムやベーコンも私はヨルダンで食べたことがありません。
今日はイタリア人の友達の家で、スモール・パーティをしました。出てきたのは…なつかしの豚の生ハム! どこで仕入れたの? と聞いたら、イタリアから特別に送ってきたものだそう。9か月ぶりに味わう豚ちゃんの味でした・・・

この国ではご法度のポークをふんだんに使います 右側にあるのが生ハム。パンに乗せます。

今からパーティの始まりです

ビュッフェスタイルで、好きなものをお皿につぎます。アラブとは違い、ヨーロッパ人のもてなしはシンプルですが、気軽に招きあえる関係が私は大好きです。

食事の後は、みんなで歌を歌い、ダンスをしました。これは恒例。今日はワインが入っていたこともあって、私もダンスに多少ジョインしました。ゲラゲラひとしきり笑った後、パーティは23時に終了。こうして友達と過ごすひとときは心の活性剤です。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from