秋深まるヨルダン…

posted in: ヨルダン生活編 | 0

ヨルダンも秋真っ盛り。とはいえ、木々が紅葉するわけではありません。体に感じる太陽の光がずいぶん柔らかくなり、日蔭では一枚はおらないと肌寒さを感じます。

この時期、アンマンは多少の時雨(しぐれ)あり、曇天ありで、ロンドンを思わせます。街を歩くのも心地よいです。今日街をぶらぶら歩いていると、バラの花がところどころで咲いていました。こんな感じも何となく英国のカントリーサイドっぽい。石造りの家がそう思わせるのでしょうか。

ロンドンを思わせるバラ

この時期ヨルダンでは、これまたイギリスのように着る物に非常に困ります。ショートコートを持ち歩くのですが、日中は重たいばかりか持っている手が暑い・・・。でも夜にはぐっと気温が下がります。

日なたではちょっと歩くと汗をかきますが、日蔭では汗がひきブルブルっと寒く感じます。風邪を引いている人も多いです。

さあ明日は何を着ようかな~

 

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。