財布がない!

posted in: ヨルダン生活編 | 0

お財布を落としました・・・(涙)

財布の中身は、

クレジットカード2枚

滞在許可証(これが一番大事!)

保険証書

現金250JD(3万5千円相当。カードで下ろしたばかりでした)などなど・・・私の財産のすべてです 号泣

50JD 50JD裏

50JDの表と裏。これがお財布に4,5枚入っていたのにぃ。今頃誰かが使っているんでしょうね~

海外保険の広告などを見て、「お財布落とす人っているんやなぁ。そうとう鈍くさいんちゃうん」と心の中で笑っていた私・・・。その自分が当事者になってしまいました。。。人生で初めての経験です。

今日は大使館へ電話したり、日本のクレジットカード会社に電話したり、現地の警察署にいったりと、散々な日でした。ここでもコネが力を発揮します。「警察に知り合いがいる」というアラブ人の友達に相談したところ、彼の友達(警察官。というか探偵みたいな立場の人)が登場。コネなしの外人なら門前払いになるところを、夜11時に警察署に出向きました。普段なら何時間もかかる処理が10分ほどで終了し、明日の朝にはすべて解決するだろうとの太鼓判。ほんまかいな。

いずれにしても、なくなってしまったものは仕方ありません。きれいさっぱり忘れることにします。お金は天下の回り物。きっとまた返ってくることでしょう。それより不幸中の幸いがたくさん重なったこと、とりわけアラブの友達の助けには感謝感激雨あられ。頭が上がりません。ありがたや、ありがたや。

それにしても、どこもかしこもコネの世界。なんちゅう世界やねん・・・

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。