モロヘイヤ

posted in: おいしい! アラブ料理 | 0

モロヘイヤは、アラブ世界でとても好んで食べられる食材の一つです。

夏の時期に大量に仕入れ、洗って乾燥させてから冷凍しておきます。こうすると、冬の時期にもモロヘイヤを使った料理が楽しめます。今日はお昼ごはんの招待を受けました。料理してくれたのは、シリア人の友達のお父さん。

モロヘイヤとチキン 4時間かけた力作

 

ご飯とモロヘイヤ

手間と愛情をたっぷりかけた一品です。なぜ4時間もかかるかというと、まずチキンだけをかるく料理します。それからモロヘイヤを2時間コトコトと煮ます。その後、スパイスや別に炒めておいたにんにくを入れて、また煮ます。モロヘイヤを丁寧に洗う時間などを入れると、4時間以上かかるそうです。

でも味は格別。それに栄養たっぷりです。今回はモロヘイヤを2キロ使ったのだとか! チキンには骨までしっかり味がしみ込んでいます。ご飯をたっぷりお皿に入れ、その後モロヘイヤとチキンをご飯の上にかけます。ちょうどカレーみたいな感じですが、モロヘイヤのスープはもっとサラサラしています。レモンをかけるとさらに味が引き立ちます。

山盛り2杯をいただいてもなお、「食べろ食べろ」と勧められます。う~~ん。もう入りません! でも美味しかったです。アラブの男性の中には料理が大好き、さらにとても上手な人がたくさんいます。基本的に食べることが好きな国民ですからね~。私も日本料理の腕をもうちょっと磨かなくては・・・・わからん

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。