生きるために誰もが必死

posted in: ヨルダン生活編 | 0

ヨルダンは資源に恵まれていないため、主要な産業といえば観光だけ。外貨に頼らざるを得ず、豊かな国とは到底いえません。ヨルダンにあるものと言えば"石"だけ・・・? とはいえ、こんな脆弱な国だからこそ、他国からの干渉もなく政治的に安定しているのでしょう(笑)。

さて、どの国でもそうなのでしょうが、ここヨルダンでも誰もが生きるために必死です。

車の間を縫って売ります

上の写真のように、ある道路では少年たちが信号待ちしている車の間を縫って、さまざまな物を売っています。新聞や花ならまだ分かるのですが、ペンやノートを売っている子もいます。誰が買うの…? 

この道路は私もタクシーなどでよく通りますが、まだ彼らから買ったことはありません。一日にどれくらい売れるんだろう、などと考えてしまいます。救いなのは、こうした少年たちが決して絶望的ではないこと。彼らがお小遣い稼ぎ程度にしているのならいいんですけれど。でも中には親に言いつけられてしていたり、時には親が遠くから見張っている中、物乞いをしてくる子たちもいます。

子供たちには子供らしく、お金の心配などをしないで伸び伸びと育ってほしいものですが、貧しい家庭ではそんなことも言ってられないのでしょう。でも親が働ける状況にあるのなら、子供を利用することなく、精一杯働いてほしいですね。。。。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。