電気代と水道代

posted in: ヨルダン生活編 | 0

ヨルダンでの生活費はどれくらいかかるの? とよく聞かれます。

でもこれは人によってさまざまだと思います。駐在員として日本の会社に勤めておられるような方たちからすれば、私は“極貧”の部類に入ると思います(笑)。

なので、あまり参考にならないかもしれませんが・・・・電気代や水道代など月々の光熱費がどれくらいかかるのか、ちょいとご紹介。

水道代    電気代

 水道代。3ヶ月毎の請求。             ↑ 電気代。基本的に毎月の請求。

上の写真が請求書です。実は今のアパートに移ってから5か月以上経ちますが、ずっと滞納しております。というのも、請求書が来ないなぁ、来ないなぁと気を揉んではいたのです。以前の家では管理人代理みたいな人が集金に来てくれていたので、自動的に支払っていました。

私が住んでいるような今のアパートには管理人代理などがいないため、請求書の管理も自己責任だったのです。1階の電気メーターなどが設置されている場所にすべての家の請求書がまとめてポンと置いてあるのだと5か月目にしてようやく悟りました。

いまだに電気などが差し押さえられていないのが不思議だ、と家主も友達も言っております。ほんなんやったらはよ教えてぇなぁ~。とはいえ聞かなかった私が悪いんですが。いずれにしても早く支払わねば! Anyway、本題に戻って光熱費の料金の内訳は・・・・、

電気代 毎月約9.6JD(約1320円)。

水道代 毎月約5.6JD(約772円)。

といった具合です。電気代はかなり切り詰めることができます。というのも、料理やストーブにはプロパンガス(http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/200810300002/)を使用するのが一般的だからです。じゃあ何に電気を使うかといえば、シャワーを浴びる時に電気で湯沸かしをするのですが、これが比較的高くつきます。あとは夜に部屋の電気をつけたり、パソコンを使ったりするくらい。なので電気代は日本と比べると安めですよね。

こうした月々の経費に加えて、家賃が必要です。家賃も本当に千差万別。今の私のアパートの月々の家賃は約170JD(約23500円)です。外国人は大抵かなりぼったくられるので、これはかなりお得な方です。もちろんもっと安いところもありますが、外国人である私たちが入るにはコネが必要です。

上の必要経費を全部合わせると2万5000円強ですが、それに加えて食費と交通費がかかります。これも人によって全然違うと思いますが・・・・まぁ2万円とすると、全部で1か月5万円弱で生活できる計算になります。とはいえ、毎月色々なことで余分な出費があります。アラブ社会の交際費もバカになりません。

ヨルダンでの生活は決して“激安”ではありません。ここ数年の物価上昇は甚だしいそうなので、数年前だと多分 今の半分くらいで生活できていたと思います、シリアではもうちょっと安くで生活できるみたいですが、それでも物価はかなり高騰しているようです。私の夢はいつかシリアに移動すること。いつになるか分かりませんが、近い将来本当に移動できたらいいなぁと思いつつ、今はヨルダンで "poor 街道" を明るく一心に走っております。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from