”一攫千金”に賭けるヨルダン人家主

posted in: あれこれ アラブ世界 | 0

今日は日本から到着されたばかりの JICA の方たちの家探しをお手伝いしました。ヨルダンへ赴任してこられたばかりの皆さん、様々な年齢の方がおられますが、とてもフレッシュです。

でも海外での生活は、慣れるまでの数か月が本当に大変。ヨルダンでの最初の難関は家探し。強欲大家であふれかえるヨルダン・・・JICA 関連の方たちは格好の餌食になります。

あり得ない値段を提示して、ぼろ儲け。日本政府もなぁ・・・・強欲で商魂たくましい一部のヨルダン人を日本国民の税金でここまで富ませていいのだろうか、と私はかなり胸中複雑です。

コネがないと中東で実際に暮らすのは大変です。私は現在のアパートに入る時にコネで話を付けてもらったので、家賃は“外国人料金”ではなく“地元料金”。それでも地元の人からすると「安いね」という値段では決してありません。その数倍以上を月々支払っておられる JICA の方って・・・なんだかもったいなくて悔しいのは私だけ?

前にも書きましたが、ヨルダン人のビジネス感覚は「今すぐ金が手に入りゃ、それでいい」という風に非常に近視眼的。いわゆる“一攫千金”に賭けます。長い目で見れば失うものの方が多いような気が…。思わずため息が出てしまいます。はぁぁぁぁ。

家探しは一日では終了しません。何件か見ましたが、これといった良い物件に巡り合わずにひとまず終了。最後の家から近かった City Mall でお食事をご馳走していただきました。

今日入ったのは FRIDAY というアメリカ系のレストラン。アラブの世界とは全くかけ離れた空間です。古き良き時代のアメリカを再現したかのような店内。その割にビーフもアルコールもない! とコメントするのは JICA の日本庭園担当の某氏。

フルーツミックスジュース   海老のアラビアータ

レストラン「Friday」

結局、シーフードをたくさんいただきました。どれも美味しかったです。写真に載っているどのお食事も大体 10JD 前後。それからとっても気に入ったのは、フルーツのミックスジュースです。ストロベリー、バナナ、ココナッツ、チェリーなどがミックスしてギュッと詰まった飲みごたえのあるジュースでした。

さてこの家探し・・・皆さん、お気に入りの家を見つけて Happy End となる日が来るのでしょうか。引き続き情報を集めながら、地道に探すしかありません。皆さま、いい情報があれば教えてください…な~んて、日本の皆さまにお聞きしても意味がないのですが(笑)。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from