缶詰で手軽にお店の味を再現

posted in: おいしい! アラブ料理 | 0

アラブ世界に来られたら、必ずと言っていいほど味わわれるのが「フンムス」かもしれません。前にもご紹介済みですが(http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/200810050002/)、これはゆでたひよこ豆に、にんにくやオリーブオイル、レモンなどをたっぷり加えてペースト状にしたもの。ホテルのビュッフェスタイルの朝食にも並べられていると思います。

フンムス お店で注文するとこんな風に出てきます。

 

 

 

 

で、このフンムスがとても美味しい。アラブはみんな大好きですし、日本人の口にも合います。でも作るとなると…相当の手間。そこで役立つ助っ人が缶詰のフンムスです。缶詰でもたくさん売られています。いろんなブランドがありますが、どのお店でも必ず置いています。缶詰だけではなく紙のパックのもあります。

フンモスの缶詰 紙パックのフンムス

初めてヨルダンに来た時にお土産にして持って帰ったのですが、いまいち味がよくありません。お店で食べたときには感動したのに…と悲しく思ったものです。ところがコツがあったんです! 美味しく食べるコツをアラブの友達に教えてもらいました。

この缶詰だけでは、やはり美味しくないのです。そこで準備していただきたいのがオリーブ油、にんにく、レモン。缶詰をお皿にあけてから、すりつぶしたニンニク、オリーブ油、レモンを混ぜ込みます。よくかきまぜたら、あとはパンに乗せるだけ。驚くほど美味しくなります。そうそう、この味! と思わず嬉しくなります 🙂

ニンニクをつぶします

ちなみにアラブ世界では、どの家庭でも上のような小さな鉢(はち)を常備しています。ゴマ用のすり鉢に似ていますが、同じではありません。これはニンニクをつぶすためのものなんです。皮をむいたニンニクを入れて、ぐりぐりっとつぶすとあっという間にニンニクがペースト状になります。これは便利。こうしてペースト状にしたニンニクをホンムスの缶詰に混ぜ込むわけです。

紙パックのフンムスはとても小ぶりです。お値段も 300 フィルスと手頃なり。試しに一つ、お土産にされるのはいかがでしょうか?

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from