ベイルート→イスタンブール→マドリード→ヴァレンシア

皆さま、ご無沙汰しております。スペインで元気に生活していますので、ご安心くださいませ。スペインではマドリード空港に降り立ち、まずはヴァレンシアへ。ベロニカが休暇で実家に帰っていたので、ヴァレンシアで合流することになりました。

トルコ航空を利用しましたので、ベイルート発は午前3時。イスタンブールには午前5時頃に着きました。真夏並みのベイルートから一変し、イスタンブールは小雨が降る寒々とした冬の様相!! もう冬物のコートを着ている人もいて、やっぱりベイルートの天気が異常なんだな、と改めて確信しました。

無事にベロニカとも再会し、お母様の家へ! 3日間ほどお世話になった後は、ベロニカの住むモルシアへついに移動です。

スペインの家庭料理クタクタに疲れてたどりついたスペインでしたので、お母様の温かい家庭料理に迎えられて、何ともホッとしたのでした。

到着した日にご馳走になったのは、なぜかロシアンポテトと呼ばれるポテトサラダ、それから生の小魚の酢漬け(疲れで朦朧としていたので、名前を忘れてしまいました)、それから生ハムやオリーブなど、いかにもスペインチックな家庭料理。

美味しかったです!! 2日目、3日目とずいぶんご馳走になりました。3日目はパエリアで締めくくり。美味しいですね~。

さて、いよいよモルシアへ。私もこのスペイン南部のモルシアで3か月を過ごします。アパートも実はすでに決まっており、スペイン短期生活の滑り出しは好調…にも思えます。がこの先、幾多の困難が待ち受けているであろうことは予想できます。何せスペイン語が話せないと生きていけない国ですよ、スペインは!! 言語に関してはかなり甘く見ていまして、英語とアラビア語で生き延びられるであろうと思っていたのですが…そうは問屋がおろさない。

今後のスペイン奮闘記をお送りしてまいります。とりあえずは到着のお知らせまで。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from