スペインでの滞在先

posted in: スペイン生活編 | 0

今日で10月も終わりです。スペインでは10月29日に時計の針を1時間遅らせまして、サマータイムの終わりです。ヨルダンでは、10月28日をもってサマータイムが終了し、日本との時差は7時間となっております。

明日から11月! 日本の秋を見ずしてこの季節を迎えるのはこれで4回目?? 日本の美しい紅葉が懐かしいです。

スペイン ムルシアさて、私はスペイン南東部のムルシアという場所に居を定めました。右の地図では、緑で色づけされている場所です。スペイン南部の地中海側ということになります。

このムルシアは、陽光で有名なこじんまりとした都市。かの有名なアンダルシア地方へ2時間半ほどで行くことができます。

スペイン語も南部独特のアクセント。かなり不明瞭で聞き取りにくいのが特徴です。英語ははっきり言って全く通じません。ほぼ99%の人が英語を話しません!! コミュニケーション不可能という絶望的な状況にあります。モロッコに近いこともあり、モロッコからの移民が多い都市でもあります。

現在の私はスペイン人とはまずコミュニケーションできませんので、アラブから情報を仕入れる日々(笑)。ここで生きて行くには、スペイン語を学ばざるを得ませんね。しかし、この英語の通じなさ、日本以下ではないでしょうか? それとも外国人からしたら日本も同じような感じなんでしょうか。

さてそんなムルシア、日本人人口はかなり限られているようです。友達のベロニカによると、ときどき日本人らしき人物を2人見かけるそうですが、彼女のモルシア人生でこれまでにこの2人しか日本人と思(おぼ)しき人物には出会っていないそう。

そんなムルシアでたくましく生きる私のアパートを今日はご紹介!!

サロン これが居間です。

玄関から見たところ

玄関から入ったところ

メインのトイレです。

メインのトイレ

キッチン こちらはキッチン。かなりシンプルですが機能的。

 

 

 

 

 

サブのトイレ

 

 

こちらはサブのトイレとなります。

下はアイロン部屋。

アイロンルームも

 

 

 

 

 

 

 

 

私の部屋は公開するほど大したものではありませんので(←単に汚くしているだけ?)、ブログではマル秘とさせていただきます。このアパートですが、部屋を1室借りまして、キッチンや居間やトイレは共有というスタイルです。写真でご紹介したのは、すべて共有部分。このほかにそれぞれのプライベートルームが3つあります。家具もすべてそろっており、3カ月住むには本当に快適です。また値段も1か月に175ユーロと良心的。

現在は4人が同居中。アルゼンチンの男性とウクライナ人の女性の若いご夫婦、スペイン人の女性1人、そして私です。このご夫婦は近々出て行くことになっておりますので、その後は2人でのシェアとなります。

アパートはスペインに着いた翌日には決まっていまして、本当にあっという間に生活が整いました。まだまだ悪戦苦闘の毎日ですが、それでも毎朝のフレッシュ・ジュースのためのジューサーを購入し、インターネットも接続し、できる限り早く自分なりのパターンを確立しようとしています。さてこのモルシアを去るときには自分のアラビア語、そしてスペイン語はどうなっているのでしょうか。では、今後もムルシア事情をお伝えしてまいります。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from