ベドウィン料理「ザルブ」

posted in: おいしい! アラブ料理 | 0

シリアへの軍事介入の危機が緩和されたということで、ヨルダンは喜びに沸いています…というのは大袈裟ですが、それでも「とりあえず良かった~」という声が聞こえてきます。あるいはアラブの中には、「いやいや、まだ分からない。シリアが化学兵器を引き渡すって? あり得ない」という慎重な見方も。

いろんな意見がありながらも、中東に住むアラブたちのほとんどはここに住み続けるしかない。でも私の周りには楽観的な見方をしているアラブのほうが多いです。そんなヨルダン、今日はかなり暑くなりました。今夜はそれほど涼しくならない。明日明後日とこの暑さは続くようです。日中の気温は35度くらいでしょうか…今ぺトラにいらっしゃるお客様はきっと灼熱の暑さの中でのご観光かと思います。

さて、今日はベドウィン料理の「ザルブ」をご紹介。ワディラムのベドウィンのキャンプ場では、時々この料理が振舞われます。が、私の取引先のKhaled’s Camp ではいつもこのザルブが振舞われるわけではありません。だって連泊しているお客さまもいるわけですし、毎晩毎晩同じ料理ではキャンプ場に連日泊まり込んでいるベドウィンたちにとっても少し大変ですから。

ベドウィン料理 -ザルブとは、砂の中で調理する「ベドウィン式バーベキュー」といったところか。いわゆる保温調理法みたいなものですね。

砂の中で温められたチキンやお野菜は、口の中でとろけるほどとっても柔らかくて、特に野菜は素材本来の味がしみ出していてとても美味しい。

zarb

Khaled’s Camp で出来上がったザルブを取り出しています。ガスも使わずに砂の中の「オーブン」でじっくり調理なんて、砂漠に生きた先人の知恵ですね。塩味は控えめで、とても優しい味付けです。口の中でトロトロと砕けるお野菜は胃にも優しい。

砂漠のキャンプ場でこのベドゥイン料理「ザルブ」に出会われた方は、砂漠の味を是非お楽しみくださいね!


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

 

足跡お気を付けください!!:当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」および当方のホームページ「Picturesque Jordan」は、東京池袋にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランとは何の関係もありません。類似のキャッチフレーズを使用している某旅行会社のサイトや「Picturesque-Jordan」という名前で2013年に開設されている Facebook のページ (いずれも同一人物による) のことが報告されていますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では、他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。「当方のホームページまた本ブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

足跡資格のない自称「ガイド」にご注意くださいませ!!:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201412230000/

足跡中東旅行のヒント! 現地旅行会社の選び方:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502220000/2220000/

 

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。