テルアビブで見つけたお気に入りのブティックホテル

今日は、テルアビブで見つけた私のお気に入りのブティック・ホテル「Shenkin Hotel」のご紹介。テルアビブといえば、地中海沿いのイスラエル第2の都市。

テルアビブ

保守派のユダヤ教徒が多くて何だか重々しい雰囲気が漂うエルサレムとは違い、この海沿いの都市には開放的で自由な雰囲気が漂っています。エルサレムっ子たちも、週末になるとテルアビブに遊びに来たりするようです。私もこの町の雰囲気が大好きです。

さて海に面したこの都市には海沿いにホテルもたくさんあり、海沿いのホテルを希望されるツーリストの方も多いのだそう。でも私は海にはそれほど興味がありません。なぜでしょう? 特に海を見てもときめきません(笑)。海で泳ぎたいと思ったこともないし…。

泳ぐことは好きですが、プールで運動のために集中して泳ぐのが好きで、単に水の中にぷかぷか浮いて遊ぶようなことには全く興味がありません。アラブにはカナヅチが多く(98%がカナヅチでしょうな)、プールに行こうよと誘われても単に水の中に入っているだけ。ですからプールへのお誘いには一切応じず、今年も1回も水着を着ませんでした。

そんな私ですので、海沿いのホテルには全く興味がわきません。という訳で、海から離れたテルアビブ市内の中心地のホテルを探しました。今日ご紹介するのは、本当に便利な立地条件にある「SHenkin Hotel」。ただし海好きの方にはお勧めできません。

このホテルのホームページは http://www.shenkinhotel.com/ です。女性の一人旅に最適なホテル…ですかね。私が泊まった時は、開業して3か月という真新しさ。スタッフもまだトレーニング中。

お部屋は広くないのですが、とても清潔で、モダン。特に私の泊まった部屋は Offer プライスだったのですが、一人でもちょっと狭い空間。でも、ベッドは気持ちいいし、設備は最新だし、狭さはそれほど気になりませんでした。

トイレ

部屋の様子

ベッド

 

ホテルの外観 ホテルの外観。

朝食このホテル、市内中心部に位置しているので敷地面積そのものが狭く、とてもコンパクトです。ホテル内にはレストランもありませんので、朝食はバウチャーをもらって近くのレストランに食べに行くという方法。

私も近くの喫茶店へ朝食に出かけました。

 

 

レストランこそありませんが、ホテルには、敷地内の中庭にカフェ・スペースが設けられており、宿泊客の誰もが自由に使えるようになっています。このカフェスペースが私のお気に入り。

ティーサービス

ティーを楽しむ空間

クッキーやティーやコーヒーがセルフサービスで自由に楽しめます。そして、このかわいらしい中庭。思わずどこに座ろうかと悩んでしまいます。このティースペースは独立しており、ホテルのフロントからも隔離されていますので、人が頻繁に出入りすることもありません。

細かいところまで気が利いているところは、ヨルダンのようなアラブ世界では決して望めないことでしょうな。何もかもに関して、「かゆい所に手が届かない」のがアラブですから…。ま、それがアラブ世界の良さ(?)でもあるのですが。

そんな訳で、このホテルには私、きっとまた泊まりに戻るだろうな~と思っています。女性のお一人旅でテルアビブに泊まられるようなことがあるお客様は、是非このホテルもチェックしてみてくださいね。そうそう、SABONのお店にも徒歩で3分くらいの距離ですよ!


足跡11月の混載募集中!http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201308310000/

足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

 

足跡当方のホームページから無断転載している”類似品”にご注意ください:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201302080000/

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。