アンマン市の貸しアパート情報です

posted in: あれこれ アラブ世界 | 0

イラク人の女性オーナーさんに頼まれて、貸しアパート情報をこのブログ上でもアップいたします。この女性が所有する家具つきアパート2つを見に行ってきました。まだ誰も住んだことがないホヤホヤのアパートです。「アラブには貸したくない! 外国人に住んでほしい」というこのオーナーさん。

実は、ヨルダンではこんな大家さんが多いのです。アラブに貸すと、必ず家具は壊されるし、掃除もせず、めちゃくちゃにして出て行くのがオチだから…ということ。まぁ、そうでしょうな。しかし、アラブっていう人種は一体…といつも思ってしまう。アラブ同士で敬遠し合っているのですからね。

さて、この大家さんは2つのアパートを持っています。アパートは同じ建物内の同じ階に2つあり、第5サークルのシェラトンからほど近い場所にあります。どこに行くにもアクセスが抜群で、タクシーもつかまえやすい。閑静な住宅地にあります。徒歩圏内に食料品店などがないのが少し残念ですが…

アパートの構成としては、サロン、ダイニングルーム、キッチン、ベッドルームが2つ、トイレが2つです。どちらかといえばこじんまりとしたアパートですが、スペースは十分にあります。まず下の写真は、ダイニングルームからキッチンを見た様子。右側にあるナイロンで包んであるものは、薄型のテレビです。

 

ダイニングからキッチンを見た感じ

 

キッチンからダイニングを見たところ

次に上の写真は、キッチンからダイニングルームを見たもの。

メインベッドルーム

 

メインのベッドルーム。

もう1つのベッドルーム こちらはもう一つのベッドルーム。

トイレの様子

それからトイレです。シャワーカーテンが黒なのでちょっと暗い雰囲気ですが、こうしたものは取り換えが可能かと思います。

 

もう一つのトイレ  もう一つのトイレ。

サロン サロン(居間)。

前述のように、このアパートにはまだ誰も住んだことがありません。大家さんが時間をかけて家具をじっくりそろえてきました。この大家さんのモットーは「自分が住みたいと思えるようなアパートにすること」。そんな風に考える大家さんは、かなり良心的なアラブです。

というのも、ほとんどのアラブの大家さんは、一番安い家具を入れたり、自分の家で使わなくなった古ぼけて壊れた家具やソファーを入れたりするのです。とにかくお金をかけずに、でも絞り取ろうという魂胆。ですから家具つきのアパートにはがっかりさせられることがほとんど。

そんなアラブが大多数の中で、この大家さんは重厚で質の良い家具を選び、アパートをきちんと整えています。だからこそアラブには絶対に貸したくない! と心に決めています。全てが新品なので、お値段も安くはありません。またこの大家さんは、年単位での契約を希望しています。とはいえ、相談は可能ということ。

もしご関心のある方がいらっしゃいましたら、是非お知らせくださいませ。ご希望ならアパートの見学も可能です。次のブログでは、もう一つのアパートをご紹介いたします。ご質問などがありましたら、お気軽にどうぞ!!


足跡ヨルダンツアーのことなら何でも:http://picturesque-jordan.com/

足跡ワディラムのキャンプ場なら Khaled Camp へ。http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201310230000/

 

足跡当方のホームページから無断転載している”類似品”にご注意ください:http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201302080000/

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んでいただきましたら、ぜひ応援のポチッを1日1回お願いいたします。↑

皆さまの応援がランクに反映されるしくみになっています。

 

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from