アンマン市の貸しアパート情報 第2弾

posted in: ヨルダン生活編 | 0

本日は良いお天気なり。1週間ほどブログの更新ができませんでした。忙しい…12月のお客様がとても多いので、てんてこ舞いしております。お待たせしている皆様、スミマセン。本日、鬼のように仕事いたします!

さて先日、アンマン市のアパート情報をアップさせていただきました。http://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201311010000/ 本日はその第2弾です。同じイラク人の女性オーナーさんのものです。これら2つのアパートは同じ建物内の同じ階にあり、ドアが向かい合わせになっています。イラク人のオーナーさんのところにはアパートのお問い合わせがたくさん来るようですが、なかなかオーナーさん自身がOKを出していない模様。

先日はロシア人女性2人がやって来たようですが、オーナーさん曰く「彼女たちは売春婦だからね、NOって返事したわ」ってな具合です。ま、そんな訳でオーナーさんの切なる願いは「良い人に貸したい」!! オーナーさんは日本人なら最適だと思っています。

さて、こちらのアパートの様子をご紹介します。

もう1つの家のサロン サロン(居間)

サロンの雰囲気

もう1つの家のキッチン こちらはキッチンの様子。

ベッドルーム2

もう1つの家のベッドルーム ベッドルームが2つあります。

もう1つの家のトイレそれからこちらはトイレ。こんな感じのトイレが2つあります。

私はどちらかといえば、こちらのアパートのほうがアットホームな感じで好きです。先回ご紹介したほうは重厚過ぎて、なんだか落ち着かない…(笑)。こちらのアパートのほうがホッとくつろげる空間。

場所は第5サークルのシェラトンホテルにほど近い場所にあります。静観な住宅地で、安全面からは言うことがありません。さらに、アパートは3階にあります。もちろんエレベーター付きです。

もしご関心のある方がおられましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。オーナーさんの連絡先等をお伝えすることができます。

↓押していただいてありがとうございます。応援のポチッ↓ 皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from