ヨルダンの渡航情報 (危険情報) のお知らせ

昨日、在ヨルダン日本大使館からのメールを受け取りました。ヨルダンの渡航情報(危険情報)に関するお知らせです。以下のようになっています。

えんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつ 

シリア国内においてシリア政府軍と反体制派武装勢力との間で激しい戦闘が継続しており、ヨルダン国内に多数のシリア避難民が流入しています。また、ヨルダンとの国境付近でも戦闘が発生しており、砲弾等がヨルダン側に着弾しヨルダン人が負傷する事案も発生している他、シリアからヨルダンに不法に侵入しようとした際、ヨルダン国境警備隊との間で銃撃戦が発生し、死傷者が出ています。

ヨルダン治安当局はシリア国境地帯における警戒を高いレベルに引き上げて対応していますが、シリア国境地帯における治安が更に悪化する可能性は排除できません。

つきましては、同地域の危険情報を「十分注意してください。」から「渡航の是非を検討してください。」に引き上げます。同地域に渡航・滞在を予定されている方は、渡航の是非を含め自らの安全につき真剣に検討し、渡航・滞在する場合は最新の治安情報を入手しつつ周囲に警戒を払う等、十分な安全対策を講じられるようお願いいたします。

えんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつえんぴつ

ありゃりゃ…。現在旅行をご検討の方や、すでにお申し込みのお客様は「えらい大変なことになった!」と思っておられるかもしれません。が、それほど心配される必要はないかと思います。ヨルダンでは、この決定がなされる前と後で大きく状況が異なっているわけではありません。ただ、いつものことですが、外務省としてはこうした危険情報を出さざるを得ないのでしょう。

現在私は日本に一時帰国中ですが、ヨルダンにいる友達 (外国人とアラブの両方です) とは毎日連絡を取り合っており、特に変わったことは報告されていません。もちろん私が戻りましたら皆さまに現地からの情報を順次お伝えしていきたいと思っております。

取り急ぎ皆さまには外務省からのこの最新の情報をお伝えし、今後の様子については現地から順次アップして行きたいと思っております。また万が一キャンセルが必要になった場合には、キャンセル料なしでのご変更が可能であることを当方のお客様にはお伝えしておりますので、ご遠慮なくご相談くださいませ スマイル

 

↓応援のポチッ、よろしく。↓ 皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。