アラフォーの嘆き

posted in: 珍ヨーロッパ滞在記 | 0

学校のクラスメートが一人いなくなるので、最後に記念写真を撮りました。その写真を見て、ぎょっとした…私って太った?? 拡大しても縮小しても、確かに太って見えます。太ったという前提で鏡を見てみると、確かに確かに顔がマルマルッ、ムチムチッとしているように思える。Oh, dear!!

中東で生活した7年間、ヨルダンに来たら誰でも太る、と言われつつ決して太らなかった私。なんで? なんで? とアラブや現地在住の欧米の友達から不思議がられつつ、ずーっと同じ体型で来た私。それがドイツでの数カ月で太るの~~??? でも原因は分かっています。

その1. 食べ過ぎ

その2. 飲み過ぎ

これでしょう。これ以外にありません。

飲み過ぎというのは、まぁそんなに飲んでいるわけではないのですが、ほぼ断酒に近かった中東と比べると飲んでますわな。それから、ドイツでは一応日本の調味料を含め、中東よりは豊富な食材が手に入りますので、やっぱり作らなアカンやろな、という自分なりの課題がありまして…。料理という料理を全くしていなかった中東(食べるものといえば、手間のかからないサラダ系…。がっつり食べるのはよそのおうちに食事招待された時)と比べると、ドイツでは一人でも毎回動けなくなるくらい食べてますわな(笑)。

あーー、これはヤバいです。という訳で、今日はランチは抜き。でも夕食はやっぱり食べてしまいました。断食すると、お腹がすき過ぎて胃がキリキリと痛んできましたから。腹八分目にしたらいいのですが、どうしても作る量が多すぎて、食べ過ぎちゃうんですよね。

ところで、中東では痩せている女性は魅力的ではありません。私も中東で何度となく「なんでそんなに痩せているの? 可哀想…」と言われたことが(笑)。一般的な中東女性の腰回りは、時にエレファント(=ゾウ) を彷彿とさせるほどドッシリ・シッカリとしています。胸も大きすぎて重すぎる。彼らがそういう体型であることには何の問題もありませんが、日本人がその体系になっても可愛くないでしょう。日本人の顔は総じて大きいので、大きくて存在感たっぷりの顔に体つきまでシッカリしていたら…。特に私は典型的な日本人の体型で、顔が大きいものですから。

それに、まだ20代ならいいけど、この歳で太ったらアカンやろ~。ということで、今後は少し食生活を見直していきたいと思います。「私って太った?」と母にその問題の写真を送ったら…「確かにはち切れそうですねー! 健康そうですよ。痩せるとシワが目立つのでこの方がいいですよ」と返事が来た(汗)。慰めになっていない…。

食欲の秋と言うが…これからドイツでは冬籠りの季節に入ります。長――い長――い冬にドイツ人がすることといえば…食べること。それも甘いもの、カロリーの高いものを。決して彼らと同じようになってはいけません! 甘いもの、反対! 高カロリー、反対! 冬に太りたくない方、一緒に頑張りましょうっ!


一日一回応援よろしく! です。↓ポチッ、してくださいね~。↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッと押してください。皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。