十字軍のお城カラックで銃撃??

むむっ、ヨルダンから少し不穏なニュースが飛び込んできました。本日12月18日(日)にヨルダンの観光地で、観光客お一人を巻き込む銃撃戦があったというニュース…。観光客お一人を含む10名が死亡したということです。この10名の中に、犯人が含まれているのかどうかは現時点では不明です。また負傷者も27名ほど出ているらしい。

 

事件が起きたのは、十字軍のお城として有名なカラック城。

 

 

ニュースを見る限り、この事件に一番驚いているのはカラック市民ではないかと思われます。カラック城は観光地とはいえ、市民が普通に生活する場所。こんなのんびりした田舎町で、なんでまた銃撃などが起きるのか…市民たちが戸惑っている様子がテレビの映像で映し出されていました。

 

カラック城はヨルダンの治安部隊が制圧しているようで、中にいたツーリストたちも避難できているようです。ヨルダンではセキュリティと治安維持に並々ならぬ努力が払われていて、周りの国々のゴタゴタに巻き込まれずにここまできました。ペトラなどメジャーな観光地にはたくさんのツーリストポリスが配置されていますし、町中でもフレンドリーな警察官達が歩いているのを頻繁に目にします。ヨルダンに来られるお客様たちは口をそろえて「ヨルダンが安全な国であることにびっくりした」と言われます。

 

そんな中で今回の事件。犯人が誰なのかも現時点では分かっていません。案外、部族間のゴタゴタが発端だったりして…。でも観光客を巻き込んでしまった以上、ヨルダンが被るであろうマイナスのイメージは避けられませんね。残念です。

 

一番ショックを受けているのがヨルダン市民でしょう。まさかヨルダンで? しかもなぜ田舎町のカラックで?? というのが本音かと思います。カラック城はとても小さな観光地で、市民の行き交う場でもあるために、セキュリティ対策なんていうものとはあまり縁がないとてものんびりした観光地です。この「のんびりモード」がかえって仇になったのか…。

 

いずれにしても、現時点で入手できる情報はとても限られています。今後の捜査で明らかになることがあるかと思いますので、私もしっかりした情報を皆様にお伝えできるようにしたいと思います。取り急ぎ、入ってきたこのニュースを急いでアップさせていただきました。新しい情報が入りましたら、順次アップさせていただきます。


一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のアイコンをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。