お気に入りリュック KANKEN を重曹でお洗濯

ここ1年ほどずっと愛用しているフェールラーベンのリュック。その名も KANKEN。軽くて丈夫なリュックを探していて、これにたどり着きました。皆様もこのデザイン、見かけられたことがあると思います。日本で使っている人も多いのでしょうか。

フェールラーベンはスウェーデンのブランド。ドイツのハンブルグでこれを使っていると、すごくいいね! と声をかけられることが多かったです。「どこで買ったの?」ともよく聞かれました。日本で買った、というと、へえ!これドイツですごく人気なんだよね~、と。どうもこのブランドはドイツ(もしくはハンブルグだけ?)で1、2を争うくらい人気のブランドらしい。
ごく普通のリュックだし、もっとかわいいデザインのリュックもあると思うけど…と思いつつ、使いやすいことは確か。フェールラーベンの公式ホームページによると、このKANKEN は「スウェーデンの子供たちに広がりつつあった背中の痛みを和らげるために生まれた」のだそう。そして「10年以上、毎日使ってもへこたれない。」のが特徴だそうな。しかも、知りませんでしたが、日本生まれの素材が使われているそうな。
私が一番気に入っている特徴は、とにかく軽いこと。シンプルでたくさん入る。たくさん入れると必然的に重くなりますが…。ドイツでもトルコでもとにかく長時間歩くことが多いので、リュックは必須。いろいろ試した挙句、やはりこの KANKEN が一番良い。これからも使い続けると思います。これ一つあると、他のバッグは要らないくらい活用度高し‼
でも KANKEN の色違いは欲しいなといつも思っています。私が持っているのは黄色。けっこうどの色とも相性が良いので、便利な色です。本当に使わない日はないので、汚れが目立ち始めまして、つい先日洗濯しました。一度洗濯機で洗ったことがあったのですが、汚れが部分的にひどくなりましたので、今回は重曹の出番。ずっと以前にもコーチのシグネチャーを重曹で洗って大成功だった(https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201505160000/)ので、今回も重曹への期待大。

結果は…そうですね、写真ではヘロヘロ感がありますが、かなりの程度きれいにはなりました。このヘロヘロ感は洗った後シワがついたせいなのですが、また使っているうちに目立たなくなります。 やっぱり丈夫ですし、使いやすい。でも10年も本当に使えるのでしょうか…。使い始めてまだ1年なので、こればかりは分かりません。しかしこのリュックの活用度が非常に高いので、今度の日本帰国の時に色違いを買いたいと思っています。
何でもそうですが、質がいいものってリピーターになりますね。前にも書きましたが、私は「熱しにくく冷めにくい」タイプですので、気に入ったものはとことん使い続けます。化粧水などの基礎化粧品なども10年以上同じもの…。その間、ときどき他のものに手を出すこともありますが、お気に入りと取り換えるつもりは全くなく…。
ただ…お気に入りだけで揃えると必然的に物は少なくなるはずなのですが、それにしてもなんで自分はこんなに物を持っているんだろう…と不思議に思うこともあります。色違いが欲しいとか言って、結局たくさん買っているのかもしれませんねぇ。いやぁ、まだまだ修行が足りません!


皆さま、一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from