ワディムーサ村の夜景は素朴だけど素敵

引き続き初冬のような寒さのイスタンブールです…(涙)。しかも昨日はシトシトとこれでもかというほど雨が降り続きました。カラッと晴れていたヨルダンとイスラエルのお天気が懐かしい~。
とはいえ、ヨルダンも9月後半は朝晩が肌寒くなっていました。友達曰く、今年のヨルダンの夏はこれまでになく強烈に暑かったけど、暑さが長続きせずあっという間に秋の様相になっているのだそう。夏が猛烈に暑かった年は冬が強烈に寒くなるそうで、今年の冬はかなり寒くなるんじゃないか…と話していました。さてはてどうなることやら。
そんな秋模様のヨルダン。私がペトラにお客様と行ったときは、日中の日差しはきついものの風がふわっと吹き抜ける気持ちの良い秋晴れで、夜も適度にひんやりして本当に気持ちよかったです。
さて私は、ペトラでは遺跡近くのホテルに泊まらず、あえてワディムーサ中心部のホテルに宿泊。ワディムーサ村の中心部は遺跡からは徒歩15分から20分の距離。帰りは登りになりますので、徒歩だと20-25分みておいた方が良いかもしれません。
ペトラ観光は非常に疲れますので、できれば遺跡の近くに泊まりたいという方も多いと思います。ペトラ・バイ・ナイトを見る場合は特に夜遅くなりますので、遺跡近くのホテルのほうが何かと都合が良い。これは確かです。でもワディムーサ村でも頑張っているホテルたちがあります。専用車がある場合は、足の確保ができていますから、ワディムーサ村の中心部にお泊りになっても良いかも。ホテルによっては遺跡への足を提供しているところもあります。
ワディムーサ村の夜景は素朴ですが、けっこうきれい↓。これは遺跡付近のホテルからは見ることができない風景です。夜のお散歩がてら、撮りました。

↓こちらは私の泊まったホテルではありませんが、ワディムーサ村にある2星ホテル Petra Gate Hotel から見たワディムーサ村の夜景。Petra Gate Hotel は2星ですから、ホテルの快適さという点では物足りませんが、予算の限られたお客様にはお勧めのホテル。

オーナーのナーセル氏はとても良い人で、日本人大歓迎です。バックパッカーに今でも根強く支持されているこのホテル…大不況にもめげず、屋上のレストランを改装したりして頑張っていました。このナーセル氏と私とは7年来のお付き合いで、ペトラが全盛期の時からイスラム国の台頭で不況に陥った数年前まで、私がペトラ入りする度に出会ってきました。今回3年ぶりくらいに出会いましたが、不況の中頑張っていましたよ。
上の写真は改装した屋上のレストランで撮ったもの。ゲストはここでゆったりとくつろぐことができます。もしご予算の限られた方で、ペトラのリーズナブルなホテルをお探しの方はぜひこのホテルにお泊りくださいね。ナーセル氏は遺跡への送迎も喜んでサービスしてくれます。
さて、ペトラ・バイ・ナイトにも参加してきました。これは…質が多少向上しておりました。以前にペトラ・バイ・ナイトを見たときは、見るのは1回でいいな…というのが正直な感想。見ないよりは見た方がいいかもしれないけど、でも絶対に見たほうが良いとも言えない…なんとも微妙な出し物だったのです。エルハズネがキャンドルの明かりでぼんやり照らされているだけで、特に大したことはない。
でも今回行ってみると、遺跡が七色にライトアップされるようになっていて、それなりに素敵でした。これだと、まぁ…お客様にもお勧めできるかな。


私の写真の腕はそれほど良くありませんが…、お客様はペトラ・バイ・ナイトがとても良かった、とおっしゃっていました。確かにお昼間見るエルハズネと全く印象が違いますから、昼間の顔と夜の顔の両方を見ていただくと興味深いかもしれませんね。
そんなわけで、世界一高い観光地と名高いペトラではありますが、やはり素敵な観光地であることは確か‼ ところがなんと現在は、世界遺産のリストから削除されるかもしれないという危機にも瀕しているそうな…。これは遺跡内で使われているセメントのためだそうです。石だたみの部分をセメントで固めて歩きやすくしているのですが、人工的な手を加えすぎると世界遺産とはみなされなくなるようで、今後どうなるか…。この情報が正しいかどうか分かりませんが、ガイドさんがおっしゃっていたので本当のことだと思います。
イスラム国の影響をもろに受けて不況にあえぐヨルダンですが、観光客の方が戻ってきていることが救い。皆様もぜひこの世界遺産に足をお運びくださいね。私もヨルダンを引き続き応援していきます。


ヨルダンに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from