立地で右に出るものなし‼ Jabal Amman のホテル

お客様からよく聞かれる質問の中に、アンマン市のお勧めホテルはどこでしょうか? というものがあります。アンマン市にはホテルのオプションがたくさん。インターネットで調べ始めると、「こっちのほうが良いかも」「あ、こっちのホテルも素敵」…などと目移りします。
でも観光客の方には立地も大切。特にアンマンに1、2泊されるというだけの短期のご宿泊の方の場合、周りにお店やレストランがあるか、街歩きに適しているか…などということが選択の重要なポイントになるかもしれません。
立地からいうと右に出るものなしのホテルがあります。私のお客様でこのホテルをご紹介しない方はいない! 私はいつもこのホテルを使っております。それは Jabal Amman にある Jabal Amman Hotel (あるいは Amman Mountain Hotel)。どっちの名前が正しいのかよく分かりません(笑)。というのも、この2つの名前がホテルのホームページに使ってあるので…。以前は Heritage House という名前でした。
4星扱いのブティックホテルですが、本来は長期滞在の方向けのアパートメントホテルと呼ばれるタイプのホテル。アパートメントホテルというのは、お部屋に簡易なキッチンや電子レンジがついていて、単に眠るためではなく、お部屋で生活ができるようになっているタイプのホテル。



通常、アパートメントホテルと呼ばれるタイプのホテルは長期滞在者用なので、24時間の受付がなかったり朝食がなかったりします。が、この Jabal Amman ホテルはそうした通常のホテルと同じようなサービスもあり、長期・短期どちらのお客様にも適したホテルとなっています。
 朝食スペース
私がツアーコンサルタントの仕事を始めたときよりホテルの質はかなり向上しました。数年前はサービスの点でクレームが出ることありました。例えばお湯が出ないとか…。でも明らかにオーナーが努力した甲斐があって、評判も上々のホテルに成長しています。
なのでホテルの質もお勧めですが、でも何が良いって、とにかくその立地条件の良さ。ダウンタウンに徒歩圏内でありながら、庶民的すぎないエリアにあり、夜の街歩きにぴったり。周りにお店やレストランもたくさん。アンマン市の中でもオシャレなレインボー通りから徒歩1分のところにあります。
このホテルに並ぶ立地条件のホテルは見たことがありません。ダウンタウンには安宿がたくさんあり、立地が良いと言えばよいけど、ちょい庶民的すぎる…。さらに安宿すぎるのも何となく抵抗がある…。かといって高級な5星に泊まる必要もない…そんなお客様向けです​。ほとんどのお客様にご紹介できるオールマイティのホテル。ホテルのホームページはこちら
ただし難点もあり。ホテルの隣がパブになっているので、週末はお部屋によってはドンチャンとうるさいことも。うるさくて眠れなかった…というクレームは確かにいただくことがあります。ですから音が気になるお客様や週末にお泊りになるお客様にはご紹介するのを少しためらってしまう部分もあります。
さらに地元の若者たちが夜や週末にはここに繰り出してくるので、アホな若者たちに遭遇することもあります…。アホな、というのは日本人を見かけると「中国人」などと無知な言動をするようなおバカのアラブ。まぁこれはヨルダンでは避けがたいこと。悪気や悪意は全然ないんです。教養がないんだなと思っていただければ…(汗)
でもそんな欠点を補ってもあまりあるその立地の良さ。このホテルの付近にはオシャレなカフェも総揃い。Wild Jordan Cafe や Old View (​https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201502070000/​)、Urdon and Shop (https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201504130000/) などなど。それからヨルダンオリジナルの石鹸ブランド Trinity を扱う The Soap House (​https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201205070001/​) も徒歩圏内。Trinity はヨルダンの Kempinski や Movenpick などの5星ホテルのアメニティに使われているヨルダンブランドです。その香りの良さに虜(とりこ)になってしまう方も多いかと思います。さらに Trinity は死海のミネラルも使っているので、死海グッズとしてお土産にしていただくこともできます。
私も今回のヨルダン滞在で惜しまれること…それは Trinity の商品が買えなかったこと。私もこの Jabal Amman ホテルに滞在したのに、徒歩圏内の The Soap House にすら足を運ぶ余裕がなかった。次回に回したいと思います。
そんなわけで、この一押しの Jabal Amman Hotel。この好条件を超えるホテルが今後現れるのかどうか…。もしヨルダンで絶対成功する商売があるとすれば、このホテルのように Jabal Amman エリアで質の良いブティックホテルを経営することかとわたし的には思っております。
アンマン市のホテル選びに迷っておられるお客様がおられましたら、ぜひご参考になさってくださいね。


ヨルダンに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from