自然が作り出す奇石群に驚嘆…カッパドキア

以前のブログで軽く触れましたが(こちら)、本日はトルコ観光に外せない世界遺産カッパドキアのご紹介。トルコに来てカッパドキアに来ないなんてあり得ない! というくらいメジャーな観光地ですから、行かれた方も多いかと思います。まだ来られていない方は是非是非お越しくださいませ。
カッパドキアというのはトルコ中央部に位置するアナトリア高原に広がる地域のこと。火山地帯だったようで、現在はここに不思議な形をした奇石群が立ち並びます。自然が作り上げた不思議な世界にしばし驚嘆します。別の惑星に来たような奇妙な体験。奇石といっても色々な種類の形がありますが、まずはギョレメ野外博物館で目にする奇石たちをどうぞ!



カッパドキアとひとくくりにしても色々な地区がありまして、一番効率よく回れるのはレンタカーをすることです。私たちもレンタカーをしてカッパドキアを縦横無尽に走り回りました。カッパドキア観光のスタートに訪れたのは「ギョレメ野外博物館」。ここでカッパドキアの全体像をつかみます。
ギョレメ野外博物館には、中世のキリスト教修道士たちが岩を彫って作った教会がたくさん残されています。イスラム教が入ってきてキリスト教徒が迫害され始めた時期に、こうした迫害を逃れてきたキリスト教徒たちが住み着いて、洞窟の中に住居や教会を作ったということです。
教会の内部は、美しいフレスコ画が鮮やかなままで残っています。本当は撮影禁止だったけど、撮影禁止ということを知る前に取った貴重な一枚…(↓)

このギョレメ野外博物館はそんなに大きくありませんから30分もあれば観光可能です。カッパドキア観光の手始めにまずここを訪れて、それから他の奇石群にどんどんと進んでいかれると良いかと思います。

私がカッパドキアに行ったのは9月半ば。とってもお天気に恵まれたカッパドキア滞在でした。9月半ばでも朝晩は気温がぐっと下がり、ダウンジャケットが必要でした。さてギョレメ野外博物館を後にして、次に向かう先は「パシャバー地区」であります。


トルコに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from