妖精の住処?カッパドキアのパシャバー地区

トルコが誇る世界遺産カッパドキア‼ (​https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201710190000/​) 別の惑星に迷い込んだような異次元体験ができる不思議な世界です。実際、これらカッパドキアの奇石群はツンツンと煙突のように尖ったその形から “Fairy Chimneys (妖精の煙突)” と呼ばれることもあるようで、やっぱりファンタジーの世界。
さて、ギョレメ野外博物館を後にして次に向かう先は「パシャバー地区」です。帽子をかぶったような…キノコのような…本当に煙突のような奇石群が突然現れて出迎えてくれます。妖精さん、住んではりますか~?


煙突キノコちゃんの中にも入れます(↓)



パシャバー地区の規模は小さいですが、自然が作り出した面白い形の奇石群は見飽きることがありません。なんでこんな形になるんだろう…?と分かっていても何度も尋ねたくなります。これは度重なる火山の噴火で火山灰と流れ出た溶岩が積み重なり、風や雨などの影響で徐々に形が形成されていったことによるようです。固い部分だけが残されて、今のような不思議な形となりました。
パシャバー地区の後は、「三姉妹の岩」と呼ばれるところへ(↓)。この意図的に載せたかような頭の部分、まさにエリンギを彷彿とさせる…。でも誰も頭の部分を意図的に載せたわけではなく、自然がこうした形を作り出したんです。非常にユニークですよね。
ここにはこのエリンギちゃんたちが3つ並んでいるだけですので、通りがかりに写真を撮って終わり。


次に目指す先はアヴァノスです。アヴァノスは陶器で有名な街だそうで、ここでフランス人のアメリちゃんは陶器作り体験にも参加しちゃう。アヴァノスの様子は次回にアップさせていただきます。


トルコに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from