着々と冬の準備ーイスタンブール編

秋深まる日本かと思います。ここイスタンブールではなかなか良いお天気が続いていましたが、昨日今日とは雨がザーザー、シトシト降るお天気。雨が降ると気温もぐっと下がります。このまま持ち直すか、一気に寒くなるか…。これまでのところ、日中の気温は18度から20度くらいで推移していました。この雨を機に気温がぐんと下がる可能性あり。
イスタンブールでの初めての冬を迎えようとしていますので、どれくらい寒くなるか予想がつかずに戦々恐々。また私のアパートが冬どれくらい温かいのか、はたまた寒いのか…。一応暖房はついていますが、トルコの家は窓も壁も薄くて、なんとも頼りない。地震が来たら一挙に崩れ落ちそうなほどヒョロヒョロです。うむ…。イスタンブールの冬は寒いよ! と経験者たちは語っております。
そんな今日、冬用のカーテン生地を買いにスーク(市場)に出かけました。出来合いのカーテンを買うより、生地を買って仕立ててもらう方が安上がりだと聞きまして。知り合いに仕立て屋さんがいるので頼もうと思っています。が、このスークでは生地のオプションがあり過ぎて…一時退散。
オプションがあり過ぎるとかえって困ります。しかも本当に分厚い生地というのはあんまりない。私は冬用のぶっとーーーい生地を買いたかったのですが、いちいち触って確認するわけにもいかず、とにかく種類が多くてすべてをじっくり見るには数時間では足りません。出直すことに。
今はまだ夏用のレースのカーテンで過ごしている私。今後寒さが加速すると、雨戸もない我が家ではどうしてもカーテンが必要になります。そんなわけですが、あーだこーだと品定めにあまり時間も使いたくない。そこで登場したのが以前にご紹介した Hepsiburada というインターネットサイト。​トルコ版アマゾンであります。 https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/201708240000/​ 化粧品だけではなく、ありとあらゆるものが売られています。さらに値段が安い。セール品などもありますし、品物によっては送料がゼロ円なので、全体的にかなりお得感があります。
この Hepsiburada でカーテンを探すと…あります、あります。まぁ確かに触って確かめることができないので多少のギャンブルではありますが、値段を考えると多少失敗しても良いと思える。届いたカーテンがあまりにも薄い場合は、分厚い生地をスークで買って二重にしたらいい。分厚い生地は後ろに持ってきてどうせ見えなくするので、分厚ければどんな生地でもよい。だったらスークで品定めの時間をそんなに使わなくても良い…などと考えると、インターネットで買う方が時間とエネルギーとお金の節約になりそうです。
というわけで、ギャンブルに手を出してしまいました! カーテン購入なり~。明日には発送されるようで…早いっ。ちょっと楽しみです。さらに…魔がさして(?)こんなものも購入なり。

その名も「サバイバル・ポンチョ」…(⇒)
その名の通り、災害時などに防寒を兼ねるアルミニウム製のポンチョ。これ…寒いときは部屋で着ようかなと(笑)。いや、本当にイスタンブールの冬の寒さが読めないので…万全の対策を取っておきたいのです。
寒くて震えるのは嫌ですので、外界が寒すぎて室内の暖房が効かなかった場合、このポンチョが役に立ちそう。さらに24時間暖房をつけ続けると、ガス代がかなり高くなるようです。夏の間のガス代は600円程度だったのですが、冬になると6000円から9000円ほどになるのが相場らしい。
ですので、省エネのためにもこうしたサバイバル・ポンチョが活躍するかもしれません。さらに12月後半からお客様が入れ代わり立ち代わり1か月以上滞在されるので、このポンチョが有効な場合はお客様にもお貸出しできるかも。
というわけで秋深まる今日この頃、冬支度に奔走しております。さあ、準備はかなり万端! 冬よ、来い!といったところであります。皆様も季節の変わり目、お風邪などに気を付けてお過ごしくださいませ。


トルコに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。