アラブ流―トイレの不可解な使い方

posted in: あれこれ アラブ世界 | 0

昨日から4人のイラク人のご家族(すべて女性)を我が家にお泊めしてまして、…といっても1泊だけだったのですが、本日長距離バスのバス停まで見送ってきました。で結論から言うと…もうね、1週間分の体力は優に使い果たしました。もうアカン…。明日は動けないはず。そして家の中はぐっちゃぐちゃ。一昨日にピカピカに磨き上げたのに、その影もありません。オロロ…
アラブ世界で7年間暮らしていたので、アラブの性質や思考回路はかなりの程度理解しているはずですが…、ほんまに付き合うのは疲れるねん! というのが正直なところです(笑)。
今、一時的にカナダ人の友達が私の家に居候しているのですが、やっぱりやりやすい! アラブという国民はごくシンプルな物事でもすごく複雑にしてしまう才能(❓)がありますので…一言でいうと疲れる!アラブと付き合ううえで何がそんなに大変なのか…今は説明できないほど疲れているのですが、ホント、1泊お世話しただけなのに、1週間はお世話したような気分です。
そんな中で特に疑問なのは、アラブのトイレの使い方です。これはヨルダンにいたときからとても疑問だった。すべてのアラブがそうではありませんが。中には用を足した後に流さないアラブがいるんです。今回のイラク人もその類でして…。この「流さない」という心理は何でなん?

用を足した後、自分の体が排出した黄色い液体をそのままにして出るって、どういうこと? で、排せつ物ですからもちろん臭います。すぐに流せばいいのですが、溜めたままで置いておくと次に入ったときに強烈なにおいがする。臭いだけじゃなくて、当たり前ですが、見た目も汚い。私のトイレはフルーティなキャンドルの香りで心地よい匂いを放っていたのに、1日で強烈なにおいがするトイレに早変わり。これには参ります。
ヨルダンにいた時も、家庭によっては排せつ物を(大であれ小であれ)流していないトイレに案内されることがありました。しかも一人が流していないのではなく、明らかに何人も流していないという汚さ。もちろんすべての家ではありません。でも流さないことが特に問題ではないようなアラブも少なからずいます。
どういう心境なんでしょうか。聞いたことがありませんから、分かりません。ヨルダンの場合、慢性的な水不足だったので水の節約のためかとも思っていましたが、イラクも同じなのか? 水の節約が染みついているのか? うーーん。でもね、人の家にお邪魔したような場合は特に、自分がトイレを使った跡がきれいかどうか、しっかり確かめてから出るのが普通。「流さない」=「汚い」という概念そのものがないのか。
まぁ…アラブやからな、と思ってあまり深く考えないようにしていますが、こんな日本人の知り合いがいたら、速攻友達やめますね(笑)。
私の家で一番きれいにしておきたいところがトイレ。トイレはどの部屋よりもいい香りがしていないと気分が優れない(笑)。ああ、明日またトイレを磨き上げねば。そしてキャンドルをどんどん炊いて排せつ物のニオイを追い出さねば!
しかしこのアラブのトイレの使い方…アラブ世界と関わり始めて10年が経つ今も理解不能です。アラブに直接聞くしかないでしょうね。日本人でアラブと結婚している方も中にはおられると思いますが、アラブのトイレの使い方って喧嘩のタネにならないんだろうか…。それか、トイレの水を流したりしないのは国に関わらずド田舎のアラブで、都会育ちのアラブ(つまり多少はオープンマインドで外の世界を多少なりとも知っているアラブ)は普通にトイレを使うことができるのか…。日本人でアラブと結婚されている方のほとんどが日本でアラブと知り合って結婚されているようですので、海外に多少でも住んでいたようなアラブは、トイレのマナーくらい知っているのでしょうが…。
ああ!たかがトイレ、されどトイレ‼ もうとにかく明日は掃除じゃ~。


中東に関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。

Latest posts from