アラフォー(おばさん)のお腹…

本日は記念すべき卒業式!パチパチパチパチ。なんの卒業式かというと、トルコ語コースの終了の日だったのです。終了式といった方が良いか。4か月に及んだこのコース…。週1でしたが、大変でした。最後の1か月は「はよ終われ、はよ終われ」と念じていた(笑)。
トルコ語コースを終了しての感想は…全然話せるようになっとらんやん!という悲しみが一番大きい。←努力を怠っていた自分のせい。これからは実戦で訓練していかなければなりません。でも…なかなかその機会がないんですよね。というのも、トルコで実際に接するのはアラブがほとんどだからです。その次に使う言語は英語。というわけで、トルコ語は日常のごくごく簡単なことを表現するのみにとどまっています。あー、これからどうやってトルコ語習得への道を進んでいくか、しばらくしたら考えようと思っています。今はとにかく辛かったコースが終わったことで浮ついています(笑)。
とはいえ、あんなに気が重かったコースも終わるとなると寂しい。何でもそうですが、終わるというのは一抹の寂しさが残るものですね。でもそんな気分は明日には吹っ飛んでいるはず。打ち上げパーティがあった今日だけ、感傷に浸っているのでした。
さて、クラスの仲間と撮った写真でショックなことが。自分のお腹が中年のお腹になっていることに気付いてしまった…。一番右が私ですが、このお腹周りの肉付きは中年の肉の付き方ですよ。

もともとズン胴でしたが、それでもお腹がすいた時には一応ペシャンとなっていたお腹が、メリハリなくズドンと膨れています。中年やねぇ~。…と年のせいにしてはいけない。努力せずに保てていたものが、努力しなくては保てなくなるものに変化するのがこの時期かもしれません。
トルコで一番良くないと感じるのは、紅茶(チャイ)に砂糖を入れる習慣がついてしまったこと。トルコでは老若男女を問わずみんなチャイをよく飲みます。でもトルコのチャイってすっごく苦い。渋苦い。なので砂糖を入れないでは飲めないのです。反対に砂糖を入れると本当においしい。
でもチャイの機会が多いので、おのずと砂糖を取る機会も増えちゃうわけです。砂糖を紅茶に入れる習慣は人生の中で初めてです。なので、ここ最近どうもお腹周りが一回り大きくなってきたようで…前は少し余裕があったスカートも腰にビッタリと張り付く有様です。やっぱりジムには通わないといけませんね。よく歩くとはいえ、同じ筋肉しか使っていませんし。
というわけで…記念すべき終了パーティの日に自分の中年のお腹にも気付いてしまった。トルコ語コースも終わったことだし、最低 週1でも運動を始める良い機会かもしれません。しかし!今しばらくはこの浮ついた気分をとことん味わいたいと思っています♥


トルコに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。