祖国の味??ウイグル料理に舌鼓

遂に明日から本格的な(❓)寒さ到来か…というイスタンブールです。本日は終日雨なり。でも気温はまだ高く、薄手のダウンでも動くと汗をかくような始末。でも明日からは気温は一桁台です。そんな寒さを前に、我が家のガスがカットされました!ええ、ガス会社がカットしたんですよ。理由は料金の未払い(笑)。でもね、私のせいではないんです。5月にきちんと払った分で、領収書もあります。原因となっている張本人は分かっているんですよね。この話はまた別の機会に…ピキピキッムカッムカッムカッムカッムカッムカッムカッムカッ。明日の朝はシャワーなしでお出かけですわ。どくろどくろどくろどくろどくろ
さてそんな今日はガスが使えないのに2回目の豆腐作りをいたしました。ガスが必要な作業は、我が家から徒歩1分の友達の家に駆けこんで(笑)。今回は1回目より非常にうまくできた予感。トロトロ豆腐ではなく、しっかり固まりそうです。やっぱり水の量ですね。しかし先回のトロトロ豆腐も、インターネットで見つけた「クリーム豆腐のねぎトロリ丼」にしたら、ムッちゃ美味しかった…ジュルリ。
さてそんな今日は雨の音を聞きながら、先日友達と訪れたウイグル料理のレストランのご紹介。ウイグルといえば…一応は中国の中に含まれていますが、中国からの独立を求めているウイグル自治区の事です。実はイスタンブールにはウイグル人がとても多いのだとか。ウイグル人は顔もトルコ人に似ており、言語もトルコ語にほぼ似通っており、宗教はトルコと同じイスラム教。中国であって中国でない。そんな自治区です。ここイスタンブールでは、私としては誰がウイグル人なのか分かりません。
で、ここイスタンブールにはウイグルレストランがいくつもあります。特にFatih と呼ばれるエリアには何件もウイグル料理のレストランがあります。日本食に飢えている日本人としたら、何となく日本食にも似ているこのウイグル料理の虜になること間違いなし!

例えば上の写真は「ラグメン」と呼ばれるウイグル料理。ラーメンのルーツだという説も。うどんのような麺ですが、口に入れるとかなり弾力があります。まぁこのラグメンの美味しいことよ!じゅるっ。今すぐにでもまた食べたい。醤油ベースのような味付けは日本人の口にぴったり合います。
イスラム教徒ですから、豚骨のような味付けはありません。醤油ベースのあっさりタイプ。でもねー、このアジア料理の味が祖国を離れた日本人にとっては本当に嬉しいのですよ。イスタンブールに来て何度も通っています。他のメニューとして、水餃子や豆腐スープなどもあります。あと八宝菜のようなものも。とにかくどれも美味しそうで、悩んでしまう。でもラーメン好きな私としては、どうしても麺系を選んでしまいます。
上の写真のラグメンで15リラ。450円くらいです。やっすーーーーい。そして旨いっ。ウイグル料理で故郷を思い出すなり…。また近々行ってまいります。


トルコに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクに反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。