自家製! 酵素たーーっぷりの甘酒

自宅で手軽に甘酒を作りたいっ…ということで、醗酵(はっこう)食を作れる醸壷を買いました。その名も「KAMOSICO(カモシコ)」と呼ばれる小さな可愛らしい機械。↓こんな感じ。そそられますでしょ??

なぬなぬ? この機械では、「カスピ海ヨーグルト・ケフィアヨーグルト・市販のヨーグルトなど、いろいろなヨーグルトや納豆・塩こうじ・味噌・甘酒・納豆などの醗酵食品を1台で作れる」ということ。非常に優秀‼ 海外生活者には朗報ではありませんか! 納豆や味噌まで作れるとは。…といっても私は基本的に面倒くさがりなので、作るとしたら甘酒だけやね。

 こんな箱で届きます。
なんだかとってもお洒落で、かつ優秀なこの KAMOSICO。私も早速甘酒を作ってみました。この機械には生の麹(こうじ)が3袋セットでついてきます。作り方は非常に簡単! 麹と残りご飯とお水を入れて、45度で10時間のタイマーをセットするのみ。翌日には甘酒ができています。
なぜ突然こんなことをし出したかというと、まぁ私は健康オタクだった母の影響でかなり健康オタクではあるのですが、酵素をできるだけたくさん取る方法を探していたのです。人間は酵素をある程度持って生まれてくるそうですが、年と共に酵素が少なくなるそうです。でも酵素は人間が生きていくために欠かせないもので、健康に暮らしていくには消化酵素や代謝酵素などの酵素がどうしても必要。なので外から補うことが必要だということです。
酵素サプリメントなどもありますが、非常に高額。しかも海外にいると思うように買うこともできません。なので安くてお手軽に酵素を取り入れることができるなら…と思っていたところに、甘酒が「飲む点滴」とも呼ばれるほどかなり優秀な酵素飲料であることを知りました。これや! とばかりに飛びつきまして…これなら乾燥した麹をトルコに持ち帰るだけで、甘酒をいつでも作れます。ま、麹もそんなには持ち帰れないので、誰かに持ってきてもらうことが必要になりますが…しかし何といっても大きなポイントは、麹自体は高価なものではないので、気軽に消費できるということ。
甘酒とは言いますが、KAMOSICO で作る甘酒にはアルコールは一切入っていません。原材料は麹とお米とお水だけ。なんでそれがこんなに甘くなるのか…これが醗酵(はっこう)させるということなんですね~。甘酒の栄養についてなどの詳しいお話はインターネットなどで情報があふれていますので割愛しますが、私の言いたいのは、「むっちゃ優秀やで、この機械」ということ。甘酒もむっちゃ美味しいで! ほんまに、し・あ・わ・せ~。甘酒を飲みながら、酵素が体中に染みわたっていくところを想像してしまいます(笑)。
そんなわけで私の人生に参入してきた (笑) 自家製甘酒。今後は末永く続けていきたい習慣です。

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。