アホなおばさん MacBook Pro にてこずる

日本滞在中に MacBook Pro を購入いたしました。というのも、持ち運び用のパソコンとしてずっと愛用していた Sony の Vaio の買い替えが必要になり(水などをキーボード上にこぼしたりして散々ひどい目に遭いつつも頑張ってくれていたのであるが)…この度は憧れ?の Apple 製品を買おうと決めていました。

購入したのは MacBook Pro 13インチ。
でもねーーーー、思ったより素敵じゃなかった(笑)。操作に慣れていませんし、メールの作成1つにも時間がかかる…。何より思ったよりずっと重いじゃないですか! こんなの持ち運べませんがな。持ち運び用としての Sony Vaio は本当に優秀だったんだなぁと今更ながら感心します。この Vaio、5年前に買ったものだと思うのですが、5年前でも今のパソコンたちに負けずとも劣らない性能の良さ。画面の美しさも言うことありませんし。もし今度買い替えが必要になったら、やっぱり Sony の Vaio に戻るかもしれません。
まぁ Mac を使い始めて数日ですし(笑)、今後慣れてくるとまた違うのでしょうけれど。トルコでの友達の中には Mac ユーザーも多いので色々教えてもらえると思いますが、日本のこのド田舎で聞ける人は周りにおらず…まぁ四苦八苦しているわけです。はよトルコに戻りてぇ~。
という訳で、 この度 ”Appleオンラインセッション” なるものに予約を入れました! 購入した人に無料で提供されるサービスで、電話で初期設定などを助けてもらえるというもの。30分間だけですけどね。私は初期設定などは終了していて、主に技術的なことが聞きたかったのですが、とにかくこのサポートを利用しようと思いまして。
電話口で対応してくれた「阿部」という男性。若い子でした。きっとマックの熱狂的ユーザーがバイトしてるんだろうなぁ。しかし「このおばさんアホやなぁ」と思いつつ対応してくれてたんだろうなぁ(笑)。だって聞くことが、画面の拡大・縮小の仕方とか画面のスクロールの仕方とか、マックユーザーにとっては絶句するような内容でしょうから。でもね、これまでのパソコンと全然違うわけですよ、本当に。慣れたらちゃんとできるようになりますわな。ナメたらいかんで、阿部君よ! と心でつぶやきつつ、借りてきた猫のごとくおとなしく電話でのオンラインセッションを受けておりました(笑)。
そんなわけで…Sony の Vaio 君とはまだおさらばできず。今後少しずつ MacBook へと移行していくつもりですが。でもこの超軽量な Vaio、きっと MacBook の2分の一くらいの重さですよ。素晴らしい、この技術! これからも出張の時などには、やはりこの壊れかけの Vaio を持って行くことになりそう。じゃあ MacBook の役割がなくなるわけですが…悩みますな。もうしばらく頑張ってや、Vaio!

フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。