ただ今フランクフルトです!

長ーーい? 日本滞在を終えて、向かう先はイスタンブール。でも今回はこの航空会社(↓)でしたので、現在フランクフルトにてトランジット中。

今回のルフトハンザは ANA のコードシェア便となっています。ですから預け入れの荷物の規定には ANA のものが適用されます。なので、大盤振る舞い‼ 先回のブログでも書いたように、ANA 国際線トルコ行きで無料で預け入れができる重量は 23 キロのスーツケースが 2 つ。つまり 46 キロ。プラス機内持ち込みは 10 キロ。かなり持ち込めるのが、今回のフライトを ANA に決めた最重要ポイント。
その上、さらにスーツケースを 1 つ有料で増やしていたのですが、このスーツケースには超過料金が 2 万円かかりました。とはいえ、2 万円で 23 キロ持ち込めるとするなら考えようによってはとてもお得。23 キロってかなり重いですよ。船便でも同じくらいの値段がかかるのではないかと思います。船便は到着に 2 か月ほどかかることもあるので、着くのかどうなのかやきもきすることもあります(しかもトルコに船便が着くのかすら試したことがないので分からない…)。こうして飛行機で一っ飛びに 23 キロ余分に持って行けるなんてすごいじゃないですか! なので、2 万円を惜しげもなく払った私。これで少なくとも 1 年分の調味料は確保されましたからね。フフフ。
さて、久しぶりに戻るイスタンブール。日本には家もありますが、もう両親ともにいませんし、どんなに日本のサービスや医療が快適でもやっぱり自分の居場所はトルコやなぁと思います。いつまでトルコにいることになるか分かりませんが、今現在私の帰る場所はトルコ。待っててくれる友達もたくさんいますし、幸せやなぁと思います。2年目の今年はトルコの良さもどんどん発見していきたいと思います。
今回の日本滞在では、これまでの滞在でしたことがない目の内視鏡手術や極上のヘッドスパなども体験しました。ヘッドスパについてはまた別途でアップしたいと思います。これ経験したら、もうこのヘッドスパだけのために日本に時々帰りたくなるかも…(笑)。トルコにはないやろうな~極上のヘッドスパ。すでにあのゴッドハンドが恋しい…。
では次回のブログはイスタンブールからお届けします。GWのお問い合わせが佳境に入っている今日この頃…。中東旅行をお考えの方がおられましたら、お気軽にお声をおかけくださいね。


トルコに関心のある方もそうでない方も一日一回応援よろしく! です↓ 下の「ブログ村」のURLをポチッとクリックしていただけたら、皆さまの応援がランクが反映される仕組みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ←携帯から押してくださる方
にほんブログ村
←パソコンから押してくださる方
にほんブログ村
フォロー Naoko:

中東を旅するツアーコーディネータ。ヨルダン・レバノンに7年間滞在後、現在はトルコ在住。アラブ世界で泣いたり、笑ったり…異なる文化と言語に囲まれて奮闘する中東での生活をレポートします。地元密着の情報もどんどんアップしていきます。