1. ムサンダム地方

ムサンダムにはマスカットから国内線で移動していただくか、高速船をご利用いただく必要があります。ムサンダムで拠点となるのはハッサブという街。ボートツアーで、美しいフィヨルドを楽しんだりクムザールという最北端の村に出かけたりして、透き通った美しい海を楽しんでいただけます。

2. マスカット

ごつごつとした岩山と青い海に挟まれたオマーンの首都マスカット。幾つかの地区に分けられていますが、ルイやマトラ地区を拠点にするのが観光に便利です。地元のオマーン人との交流を楽しめるものマスカットの魅力。マトラ地区にあるマトラスークを散歩してお土産を探してみるのもいいかも。

3. 内陸部

標高2000メートルを超えるジャバル・アフダルには四駆でしか入ることができませんが、オマーンの息を飲む大自然に触れていただくには最適の場所。ジャバル・アフダルの頂上にある 5星の Alila Hotel でぜひ1泊してみてください。ジャバル・シャムスはオマーンで一番高い山で標高が3000メートル以上あります。鋭く切り落ちる断崖が連なる風景はグランドキャニオンさながら。ジャバル・アフダルやジャバル・シャムスではトレッキングを楽しんでいただくこともできますが、かなりの上級者コースとなります。トレッキングに適した靴などの装備はお忘れなく。ニズワやバハラまたその周辺には、ニズワ・フォートバハラ・フォートジャブリン城など見ごたえのある城塞(砦)やお城があります。バハラ・フォートは世界遺産に登録されています。

4. 東部

スールがメインの街となります。東部には、ワディ・シャーブ(Wadi Shab)、ワディ・ベニ・ハーリド(Wadi Beni Khalid)、ワヒバ砂漠など、オマーンならではの雄大な自然が楽しめます。

5. 南部ドファール地方

サラーラはオマーン南部の中心都市です。マスカットからは1000キロ以上離れるために、国内線でのご移動が一般的です。インド洋に面した南部はオマーンの他の場所とは異なり、季節風モンスーンの恩恵を受けて緑に彩られます。またサラーラは乳香の産地としても有名で、サラーラにある幾つかの観光地は「乳香の土地」あるいは「乳香の道」として World Heritage (ユネスコ世界文化遺産) に 2000 年に登録されています。