旅するツアーコンサルタントが、中東の観光地を独自の目線でレポート!

旅の行き先



■ ご挨拶 「ファッションをコーデするように旅をコーディネート! 私気分で中東散歩」

初めまして。中東在住 (現在はシリア難民に関わる活動のためトルコに在住) のツアーコーディネーターの 木村菜穂子と申します。ヨルダン・イスラエル・エジプトその他さまざまな中東地域のご旅行のプランニングからお手配全般まで、中東各国の現地旅行会社 (ランドオペレータ) と提携して日本語で承っております。企画からお客様とのやり取りまで全てを日本語で担当し、実際の現地でのツアーは提携する現地の旅行会社が全面的に執り行います。当方はツアーコンサルタントとして皆さまに現地の状況や旅のヒントを提供し、皆さまの旅創りをお手伝いさせていただきます。当方のビジネス提携先は、ヨルダン・イスラエル・エジプト・イラン・トルコ・オマーン・レバノンで、中東全域のプロモーションに取り組んでおります。これまでにたくさんのお客様を中東各国にお迎えし、大変ご満足頂いております。お一人お一人のお客様との出会いに心から感謝しています。

早いもので、私の中東生活も13年目に入りました。2年半のヨルダン生活を経て、次に移動した先はレバノン。1年半のレバノン滞在を終え、中東5年目にして再びヨルダンへ。中東生活8年目には、シリア難民に関わる活動のためにいったん中東を離れて一時的にドイツへ。1年半のドイツ滞在の後に向かった先はトルコ。2020年の現在はトルコでの生活が4年目に入っております。トルコにいるシリア難民と関わりつつ、中東全域のプロモーションに引き続き全力で取り組んでおります。右も左も分からないアラブ世界に飛び込んで右往左往していたのがつい昨日のことのように思い出されます。

豊かな遺産を受け継ぎ、歴史が脈々と息づく中東の小王国ヨルダン。古の過去から数えきれない人々が行き廻って歴史を創り上げてきた「乳と蜜の流れる約束の地」イスラエル。悠久の王国エジプト。華やかなペルシャ大帝国の遺産を受け継ぐイラン。中東の真珠と称されるオマーン。東と西が出会う場所トルコ。かつて中東のパリと呼ばれたレバノン。各政府に登録・認定された現地のビジネス・パートナーと共に、魅力に満ちたこれらの地へ皆さまをお迎えしたいと思っております。

私のモットーは、「中東への旅をもっと快適かつスムーズに」。ヨルダンで習得したアラビア語とフットワークの軽さを生かして中近東各国を訪問し、現地の視察や調査を続けています。いわば、旅するツアーコーディネータ。日々変化する中東の様子を肌で感じつつ、的確な情報を皆様にお伝えするよう心がけております。中東在住の大きな利点の一つは、トラブルにすぐ対応できることです。トラブルの大半は素早い対応があればすぐに解決します。ご旅行の準備から現地での問題対応まで、いつでも臨機応変に対処し、お客様の不安を出来るだけ早く解決させていただきたいと思っております。現地ではお電話による24時間のサポートに加えて、必要な場合は現地旅行会社を代表してお客様に直接お会いし、トラブルの解決に当たります。何でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

LINE でのお問い合わせの際は、こちらまでお願いいたします。LINE ID: naoco.coco

日本未上陸!! 高品質のアレッポ石鹸を現地から直送させていただきます

アレッポ石鹸は、オリーブオイルとローレル (月桂樹の実) オイルでできた無添加の石鹸。正真正銘 100% ナチュラルな石鹸です。アレッポ石鹸の製造は 2000 年以上の歴史を持つと言われています。

アレッポ石鹸の職人たちは、現代のテクノロジーをほとんど使わずに、幾世紀も受け継がれてきた伝統的な製法でこの石鹸を作り続けています。ところで「アレッポ石鹸」とひとことで言っても、ローレルオイルの含有量によって値段が大きく異なります。日本で売られているものは、ローレルオイルの含有量がよく分からないものもありますし、一番高級とされているのはローレルオイルが 40% 含まれた石鹸かもしれません。これが 1 個 800 円とか 900 円などで売られています。

老舗ブランドの El-Tahhan (タッハーン) では、今年からローレルオイルが 50% と 60% 含まれた「最高級品」を作り始めました。これはヨーロッパのマーケットで、ローレルオイルの含有量が高いアレッポ石鹸への需要が特に高まっているから。この質の高さをぜひ皆さまにも味わっていただきたいと思い、​ご希望の方には現地から直送させていただきます。​このローレルオイルをたっぷり含んだ上質の石鹸は、日本のマーケットにはない未上陸商品です。

El-Tahhan (タッハーン) は、100年以上もアレッポ石鹸作りを家業としてきました。シリア内戦に伴い、工場をトルコの Gaziantep に移しましたが、れっきとしたシリアの職人によるアレッポ石鹸です。

詳しい情報やお問い合わせ先については、https://plaza.rakuten.co.jp/fmtours/diary/202107230000/ をご参照くださいませ。

中東各国の治安について

**中東情勢の緊張が報じられることが時々ありますが、こうした緊張は今に始まったことではなく何十年も同じような状況が続いています時々思い出したかのようにメディアで大きく取り上げられますが、実は中東の状況が激変しているわけではありません。私自身は13年来中東在住ですが、この13年間メディアで取り上げられる中東の姿とは異なり、戦地ではない国々(シリアやイラク以外)では人々の生活はごく普通に営まれています。

2021年3月5日

ヨルダンの治安は安定しております。日本人の入国も制限されていません。

2021年3月5日

シリア及びイラクの不安定な政情に関するニュースが引き続き報道されております。ヨルダンではイラク難民・シリア難民の流入など間接的な影響はございますが、ご観光に直接的な影響はございません。ヨルダンでは人々の生活は通常通り営まれており、治安も安定しております。ヨルダンの治安はシリア内戦の前も後もほとんど変わらず安定しており、外国人がたくさん観光に来ております。当方では安全上の理由からシリアとイラクのお手配は当面見合わせております。

2021年3月5日

イスラエルでは、コロナウイルスのために日本人の入国が規制されています。

2021年3月5日

・エジプトの治安は安定しておりますが、コロナウイルスのために渡航は勧められていません。

2021年3月5日

・オマーンは治安が非常に良く、子供連れのツーリストが多く訪れます。コロナウイルスのために日本人は入国できません。

2021年3月5日

・トルコの治安は安定しております。現在も日本人の入国は規制されていません。ご観光を希望される場合はトルコへのご入国とご観光が可能です。ただしPCR検査の提示が求められますので、詳しくは外務省のページをご参照くださいませ。

2021年3月5日

・イランではコロナウイルスのために、現時点でのご旅行は勧められていません。

2021年3月5日

・サウジアラビアへの日本人の渡航規制は現在では解除されております。入国が可能です。詳しくは外務省のページをご参照くださいませ。

中東への旅をもっと快適かつスムーズに!

私が中東ヨルダンに移動したのは13年前。移動するにあたって感じたのは、情報量の少なさ。13年前と比べてヨルダンの情報量は格段に増えたと思いますが、それでも正確な情報を手に入れるのが難しいのが中東。当のヨルダン人が新システムの導入にあたって右往左往しているのですから、外国人に正確な情報が届かないのは当たり前...。そんな中東特有の問題がありますが、日本の皆様にできるだけ正確で信頼できる情報をお届けしたいと思っています。 私は現在はトルコに住んでおりますが、ヨルダン在住だった経験を活かし、また現地で習得したアラビア語を武器にしつつ、皆様の中東に関する疑問にお答えしたいと思っています。中東旅行のことなら、中東在住のツアーコンサルタント/コーディネーターに何でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 ヨルダンで事故に遭ったら

そんなことがないようにと願っていますが、事故というのは予期していない時に起こるもの。万が一車の事故に巻き込まれた時の対処法は? とても大切なことですので、皆様もお読みくださいませ。

お客様からのコメント

ヨルダンやシリアなどの中東の国々は、日本の皆様にとってまだまだ馴染みがないと思います。実際に観光された方のコメントを読んで、ご参考になさってくださいね。

ご注意ください:

本ホームページおよび当方のブログ「月の砂漠―ヨルダンから」は、東京にあるヨルダン料理・アラビア料理のレストランおよびレストランが所有するツアー関係のサイトとは何の関係もありません。当方に帰属するキャッチフレーズや文面が無断で使用されている場合がありますが、当方とは全く関係がありません。混同されないようにご注意ください。当方では他のサイトの運営者と話し合ってオリジナルのキャッチフレーズや文面やツアーの内容を共有することは一切ございません。本ホームページまたブログ「月の砂漠―ヨルダンから」からの違法転載・不正転載を目にされた方はお知らせくださいませ。

 

著作権について:

当ホームページおよびブログ「月の砂漠―ヨルダンから」に記載されているすべての事項の著作権は現著作者に帰属します。個人が故意に著作権侵害を行なった場合、10年以下の懲役か1000万円以下の罰金、又は懲役と罰金の併科が課せられます。違法転載を目にされた方はご報告くださいませ。